サステナビリティ

再生可能エネルギーのグローバルリーディングカンパニーとして、インリー・グリーンエナジーは、企業市民として弊社が残す遺産は、製造する製品の種類だけでなく、独自の製造工場で採用する方法にも基づくと考えています。

弊社の製造工程は、電気、天然ガス、熱、水などさまざまなエネルギー源の組み合わせに依存しています。 弊社では、Chinese and International Climate Changeの目標以上のエネルギーの年間消費量の削減目標を設定し、一次廃水流を副次目的に使用する方法を採用しています。 電気使用量を軽減するために、特に弊社の製造工場用の電気を生成するPVシステムの構築を続けます。弊社は現在20MW以上のモジュールを現場に設置しています。

弊社は、GHG、PFC、その他の大気放出に限定せずに、製造工程で発生する排出量の監視と削減にも努めています。 弊社は、PV部門で世界で初めてテュフ・ラインランドからProduct Carbon Footprint Verificationを取得した企業であることに誇りを持っています。テュフ・ラインランドは、太陽光産業全体で広く評価される世界有数の技術サービスプロバイダーです。 テュフ・ラインランドの評価は、国際的カーボンフットプリント規格であるPAS 2050:2011に従って行われました。これは、公開されていて普遍的に適用される仕様で、さまざまな製品やサービスのライフサイクル全体で排出される温室効果ガス排出量を評価する方法が規定されています。

改善努力の継続に合わせて、弊社は積極的に廃水流量を測定して常に削減するよう取り組んでいます。 弊社は毎年削減目標を更新し、最も効率的で環境に優しい製造工程の維持に努めています。

インリー・グリーンエナジーは、環境と社会への弊社の取り組みについて詳しくまとめた企業サステナビリティレポートの準備を進めており、年内に公開する予定です。