製造について

Vertical Integration

世界最大の太陽電池製造メーカーの1つとして、ポリシリコンからモジュール組立に至るまで、太陽電池(PV)バリューチェーン全体に沿ってシリコン太陽電池モジュールを製造しています。 インゴット、ウェハ、太陽電池、モジュールの製造を完全に自動化することにより、材料と製造の品質を厳しく管理しながら、大幅なコスト削減を実現しています。 また、集中型製造により、輸送、破損、梱包といった環境コストを削減しています。

垂直統合には以下の利点があります。

  • 製造工程のすべての段階で厳しい品質管理措置を講じることができる
  • 冗長措置の削減
  • 二酸化炭素の排出量の削減
  • PVバリューチェーンに沿って工程とコストの最適化を継続

製造拡大

中国河北省保定の本社のメインの製造構内のほかに、インリー・グリーンエナジーは以下も運営しています。

天津製造工場

2011年3月、インリー・グリーンエナジーは、 Tianjin Yingli New Energy Resources Co., Ltd.を天津ハイテク区のBinhai Technology Parkに設立しました。 この工場では、インゴット鋳造、ウェハ加工、太陽電池製造、モジュール組立、アプリケーションシステムに対応します。 現在、合計生産能力は300 MWです。

衡水製造工場

Hengshui Yingli New Energy Resources Co., Ltd.は、中国河北省の衡水経済開発区にあります。 現在、合計生産能力は150 MWです。 この工場では、インゴット鋳造およびウェハ加工から、太陽電池製造およびモジュール組立まで対応します。

Fine Silicon工場

2010年8月、社内のポリシリコン工場Fine Silicon, Ltd.は、ハイクオリティなソーラーグレードおよび電子グレードポリシリコンの量産を開始しました。 保定を拠点とする工場の高度なモノシランベースの技術と閉ループ製造工程により、従来のトリクロロシラン(TCS)ベースのポリシリコンテクノロジに比べて、大幅にエネルギーを節約できるだけでなく環境への影響を最小限に抑えることができます。 Fine Silicon Co., Ltd.の現在の年間生産能力は3,000 MTです。

研究開発実験室

PVテストラボ(PVTL)、サンフランシスコ

アメリカ市場での人気の急成長をサポートできるように、Yingli Americasは研究開発(R&D)施設をサウスサンフランシスコに設立しました。 このR&Dラボは広範な製品テストに使用される予定で、これにより、インリーソーラーはより迅速に新しいテクノロジを評価して次世代の製品を送り出し、プロジェクトのライフサイクルのすべての段階を通してお客様によりよいサービスを提供できるようになります。

インリーソーラーの太陽光発電の研究、開発、アフターセールスセンター

2011年10月、インリー・グリーン・エネルギーは太陽電池産業最大の研究開発(R&D)兼アフターセールスサービスセンターをスペイン・マドリッドに設立しました。 包括的な製品評価、テスト、サービスを行う独自の設備を設立する唯一のPVメーカーとして、インリー・グリーン・エネルギーは、プロジェクトライフスタイルの各段階を通してヨーロッパのお客様へ高度なクライアントサービスを提供しています。