産業用 - 導入について

次の5つの簡単なステップで、太陽電池へ移行するために必要な手続きを説明します。

  1. 弊社にご連絡いただき、小規模企業、学校、施設への太陽光エネルギーシステムの設置を検討されている旨をお伝えください。 お客様をインリーソーラーの現地施工業者またはデベロッパーに紹介します。施工業者またはデベロッパーは、見込まれるエネルギー節約量の算出や、ソーラー評価(無償)の提供を行います。

  2. インリーソーラーの施工業者からお客さまに連絡があり、太陽光エネルギー設置に関する簡単な審査が行われます。 設置条件を満たしている場合、現地訪問を行い、屋根の構造と完全性、および日よけなどの場所の潜在性を特定します。

  3. インリーソーラーの施工業者は、お客様が最も有利な金額で最良の解決策を見つけられるように、電力供給契約(Power Purchase Agreement)であってもソーラーリースであっても、太陽光エネルギー設置に係る資金調達の一連の選択肢について一緒に考えます。

  4. 許可の手続き、税制上の優遇措置の申請、試験、接続、進行中の保守など、ソーラー設置のすべての局面はインリーソーラーの施工業者がサポートします。

  5. 以上です。 商用太陽光エネルギーシステムが設置され、お客様の会社は光熱費の節約を始めます。 太陽光エネルギー監視システムと、25年の性能保証により、これから先何年もの間安心が提供されます。

お問い合わせ